蚊の対策グッズ2022(猫がいる家庭)

マルくん(猫)

夏場になりますと毎年悩まされるのが「」です。猫を飼って入らっしゃるご家庭の方が特に気を付けたいのが、蚊の対策製品が猫に悪影響がないかどうかです。今回は、どのような事が良くないのか、どんな製品が出ているのかを調べてみました。参考になれば幸いです。

蚊取り線香は火が心配

蚊取り線香をお使いになられるご家庭は多いのではないでしょうか。

あの煙は哺乳類に対しては問題はないと各製造メーカーが宣言していますので安全だとはおもいますが、私の家では平日はマルくんが独りぼっちになります。

マルくんがテンションが上がって走りだした時、蚊取り線香をひっくり返さないかとか、マルくんの体に火が移って丸焦げにならないか。など心配です。

夜も蚊取りをセットしたまま眠りたいのですが、火を使う蚊取り線香には少し心配があります。

火を使わないタイプの製品も出ていますので、そちらもチェックしてください。

AC100Vで使う、液体蚊取り線香がありますが、こちらが現在一番使っていらっしゃる方が多いのではと思います。

アロマは注意

アロマの種類でティーツリー、ユーカリのアロマオイルは猫には中毒性があり危険なのだそうです。

アロマ自体すべて猫にとって良くないものとされています。体調不良になってしまう猫もいたそうですので、注意してください。

スプレー式の注意点

ペット用虫よけスプレーに、アロマ入りの製品が結構あるらしいので、ご購入の際には十分にお気を付けて購入してください。

まとめ

「蚊」に対する対策についての記事でした。カワイイ猫ちゃんにサイコーの夏を送ってもらう為、良い製品を選んであげましょう。万が一の事があるかもしれませんので、毎日体調に気を付けてあげましょう。

訳あり品をお得にお買い物「junijuni」

タイトルとURLをコピーしました