熱中症対策グッズ 見た目にもこだわる良品5選(2022)

熱中症対策グッズ 雑記

毎日暑い日が続いております。皆様いかがお過ごしでしょうか。

熱中症を起こさない為に、色々な方法がありますが、この記事では対策グッズを取り上げたいと思います。

数ある対策グッズの中から使いやすいものを5品紹介致します。

今年はいつもの年以上に気を付けた方が良いようですので、一度お試しになられてはいかがでしょうか。

NECK COOL&HEATER

USB充電式のネッククーラーです。約1~3時間程度持ちますので、通勤通学や屋外労働で長時間使える魅力があります。

プレート表面が12度程度下がりますので、ひんやり感が持続致します。

プレート部分のみ冷える製品です。首全体を冷やすわけではありません。

氷の様に冷たすぎるものを体に密着させるのが、苦手な方にはオススメです。

エレコム首掛け扇風機 

ネックストラップを使い、ハンズフリーで使用できます。

また、クリップ機能も搭載しているので、ベルトやズボンにかけることでTシャツなどの内側に風を送り込むことも可能です。

背面のスタンドを使って、卓上用扇風機としても使用できるので、会社や学校に着いてからも大活躍です。

満充電で約1~3.5時間の使用が可能です。

熱中対策シャツクール 冷感ストロング

2~3回程度のスプレーで約1時間半ほど冷たさが持続しますので、通勤、通学時にはピッタリの製品です。

ストッパーが付いていますので、100mlタイプなら持ち歩きも可能です。

とっても熱くなってきたときだけ、サッと使いたい方はカバンの中に1本入れておきましょう。

一度使用するとヒンヤリ気持ちよく、手放せなくなる製品です。

氷ーるどスプレー L-011AK

タオルやハンカチを水で濡らし、スプレーすると氷をつくる事が出来ます。

氷の様に冷たくないと気が済まない人は、この製品なら満足いくと思います。

エレコム USB扇風機 充電用卓上スタンド付き

定番になっている製品ですが、これは133グラムと同等の他社製品よりもと軽く、一回の充電で約3..5~12時間(風量による)も持つので一日中使用可能です。

風量は3段階に切り替え可能です。

まとめ

熱中症対策グッズを紹介させていただきました。リーズナブルで実用的な製品ばかりを紹介させていただきました。

体の中では熱が作られています。この熱を外に逃がすことで体温(36.5度前後)が保たれています。運動をすると体温は上がり、血液が体の表面を流れて体温を下げようとします。その時の環境や水分、塩分不足等で、発熱と放熱のバランスが崩れたときに熱中症が起こります。

自分は我慢強いから大丈夫などと考えず、こまめに水分、塩分等をとり、対策グッズを使用して快適にお過ごしください。

タイトルとURLをコピーしました